おしらせ - イベント

2017年5月11日更新

5/13(土)開催 トショカンの役割を考える~図書館のないまち・守口で~【まちライブラリーブックフェスタ】

たられば書店のある大阪・守口市には公立図書館がありません(立派な図書「フロア」はあります)。


日本図書館協会によると、2015年度、全国に市区は813市区あり、そのうち図書館を設置している市区は803市区。そのうち、公立図書館を設置していない10市(区)のひとつが、我が守口市です。
昨年、市政施行70周年を迎えた歴史ある守口市には、なぜ公立図書館が設置されていないのか? 公立図書館を大手書店が運営する時代。そもそも図書館の役割ってなんなのでしょう?


当日は、私設図書館(子ども文庫)や、まちライブラリー関係者、(古)書店、取次など、本にかかわるさまざまな方々にゲストでお越しいただき、円座になって「トショカン」について考えてみたいと思います。


トショカンを考えることは、おそらくこれからの本の未来を考えることになるでしょう。

みなさんのご参加をお待ちしております。

(このイベントは、4月29日(土・祝)から5月28日(日)までの1ヶ月間、関西のブックスポット152カ所で開催されている「まちライブラリーブックフェスタ2017 in 関西」のイベントのひとつです。当店でのイベントのほかにも、本にまつわるたくさんの催しが開催されていますので、ぜひ参加してみてください!)

日時
2017年5月13日(土)15:00~17:00(14:30開場)
場所
たられば書店
対象
どなたでも
定員
20名(先着順)
参加料
500円(ワンドリンク付)
申込方法
メールフォーム電話FAXEmail来店